映画

『半世界』を観ました(ネタバレなし感想)

半世界

阪本順治監督の映画『半世界』を観に行ってまいりました。

あらすじ

生まれ育った地元の山中の炭焼き窯で備長炭を作り、職人として生計を立てている絋。ある日、かつて一緒に過ごした3人組のうちの1人、中学時代からの友人である元自衛官の瑛介が、前触れもなく田舎へ戻ってくる。「40歳目前、諦めるには早すぎて、焦るには遅すぎる。」39歳の男3人のささやかな日常を通して、「人生半ばに差し掛かった時、残りの人生をどう生きるか」という葛藤と、家族や友人との絆、そして新たな希望を描く。

阪本順治監督による、『団地』に続く完全オリジナル脚本の作品。

キャスト紹介

主人公の炭焼き職人・絋 : 稲垣吾郎
観る前は意外なキャスティングに感じたのですが、佇まいや、瞳のピュアさから職人の雰囲気が出ていました。

帰郷してくる、かつての同級生・瑛介 : 長谷川博己
影のある人物なので、劇中で瑛介が笑うたびに嬉しくなる…!静と動の振り幅にやられます。

絋と瑛介の同級生・光彦 : 渋川清彦
絋と瑛介を繋ぐ潤滑剤のような光彦。お茶目で可愛らしかった!

絋の妻・初乃 : 池脇千鶴
登場する度に画面が締まる感じがしました。田舎の主婦感がリアル〜〜。

感想

丁寧に綴られた、余韻の残る作品でした。
『半世界』、いいタイトルだなぁ。
どんな道を歩もうと、ふと「あのとき別の選択をしていたらどうなっていたのかな」と考えてしまうことはありますよね。歳を重ねるごとに、背負うものの重みも後悔の数も増えてきたりして。「諦めるには早すぎて、焦るには遅すぎる」、40歳付近の人すべてに刺さるのではないかなと思いました。
また40歳になる頃にゆっくり見直したいなぁ。

幼なじみ3人の微笑ましさ

絋、瑛介、光彦という幼なじみ3人の距離感、空気感がとても微笑ましくて羨ましい気持ちになりました。全然タイプの違う3人組だけどバランスの取れた三角形で、こういう3人組いるよねっていう感じもした。39歳のおじさん3人でのおしくらまんじゅうシーンが好き。
自分自身に置き換えて考えてみても、小学校や中学校の時からの友達って、お互いの芯の部分をわかり合っている感覚があるからなんだか特別な気持ち。

池脇千鶴さんの圧倒的な実在感

私は以前から池脇千鶴さんが好きなのですが、なんですかねあの実在感は…。『ジョゼと虎と魚たち』『そこのみにて光輝く』『きみはいい子』など、出演されているどの作品を観ても、実際にその世界に生きている感が強いなあと思います。今回の『半世界』でも、最初に登場した瞬間から「もうずっとそこで生活をしている感」に溢れていて、強烈な存在感がありました。
家に子供達が遊びに来たときの、絋に「炒飯でも作ってやりなよ」と言われて「はぁ!??」って返すシーンが好きだったなぁ。
あと単純にお顔と声が好きです。

全体的に派手さはないけれど、じわじわと心に沁みる映画でした。
まだご覧になっていない方は、まずはぜひ予告編を観てみてください!